メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若者フリーゾーン

「移民」議論 認識の差知る 「高校生外交官プログラム」に参加 松元拓海さん(16)

スポーツ大会の後、ルームメートのアレクサンダー・ブラナーさん(右)と=京都市内で8月、松元さん提供

 <くらしナビ おとなへステップ>

松元拓海(まつもと・たくみ)さん

 今夏に行われた「AIU米国高校生国際交流プログラム」という事業に参加しました。保険会社がスポンサーで、書類と面接で選ばれた日米各20人の高校生が10日間、京都市内のセミナーハウスで共同生活し、「高校生外交官」として互(たが)いの文化を理解し合おうというものです。

 東京都立高2年で普(ふ)段(だん)は自宅と学校の往復だけなので、違(ちが)う国や環(かん)境(きょ…

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです