メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シャープが10月に発売する「ヘルシオホットクック」の新製品は、画面(右)に表示された質問に答えると、AIが最適なメニューを提案してくれる

 下ごしらえをしたら、火を使わず、「機械におまかせ」で料理が完成する多機能調理家電が相次いで発売されている。背景には、忙しい共働き世帯の増加と、自宅で簡単に調理して食べたいという需要の高まりがあり、シニア世代のニーズも掘り起こしている。

 ●時間を生む家電

 「ティファール」ブランドを展開する「グループセブ ジャパン」は2016年9月に多機能調理家電「クックフォーミー」の販売を始めた。本国フランスでは、先行して12年に発売し、100万台以上を売り上げる人気商品だ。古賀豊・小型家電製品マーケティングマネジャーは「レシピが内蔵されており、誰でも簡単に調理ができ、ほったらかしでいい」と人気の理由を説明する。圧力調理、炒める、煮込む、蒸すの4種類の調理が自動でできる。10月発売予定の新製品「クックフォーミー エクスプレス」は、内蔵レシピを2倍以上の150に増やした。料理研究家が監修し、肉じゃが、ローストビーフなどの和洋中から季節に合わせたパーティーレシピ、デザートまで盛り込んでいる。

 新製品で、骨付き肉(スペアリブ)の煮込みを実際に作ってもらった。炊飯器のような丸い機械の中にある内鍋を温め、鍋で肉を炒める。160度まで加熱できるため、焼き色が付けられるのが特徴だ。色が変わったら、機械画面に指示された分量の赤ワイン、しょうゆ、みりんなどの調味料を鍋に注ぎ、ふたをすれば、あとは機械に任せるだけ。火は使わず電気で調理するため、そばにいる必要はない。ふたをして約15分で完成した。

この記事は有料記事です。

残り1365文字(全文2005文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです