メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

ゲノム編集最前線/中 リスク確認に課題 難病治療に光、創薬も

 ゲノム編集技術は医学・医療分野も大きく変えている。難病の遺伝子治療に道を開き、創薬研究の可能性も広げた。一方、予期しない遺伝子改変のリスクのほか、ゲノム編集で生み出した生物の取り扱いについては明確な基準がなく、課題が残る。【荒木涼子、千葉紀和】

 ●ピンポイントで

 全身の筋力が低下する遺伝性難病・筋ジストロフィー。筋肉の働きに不可欠なたんぱく質の設計図となる遺伝子の異常が原因だが、根本的な治療法がない。この難題にiPS細胞(人工多能性幹細胞)とゲノム編集を組み合わせて挑む研究が、京都大(京都市)で進んでいる。

 堀田秋津(ほったあきつ)講師らは患者の体の細胞をiPS細胞に変化させて最新のゲノム編集で遺伝子を修…

この記事は有料記事です。

残り1454文字(全文1761文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです