メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

ゲノム編集最前線/中 リスク確認に課題 難病治療に光、創薬も

 ゲノム編集技術は医学・医療分野も大きく変えている。難病の遺伝子治療に道を開き、創薬研究の可能性も広げた。一方、予期しない遺伝子改変のリスクのほか、ゲノム編集で生み出した生物の取り扱いについては明確な基準がなく、課題が残る。【荒木涼子、千葉紀和】

 ●ピンポイントで

 全身の筋力が低下する遺伝性難病・筋ジストロフィー。筋肉の働きに不可欠なたんぱく質の設計図となる遺伝子の異常が原因だが、根本的な治療法がない。この難題にiPS細胞(人工多能性幹細胞)とゲノム編集を組み合わせて挑む研究が、京都大(京都市)で進んでいる。

 堀田秋津(ほったあきつ)講師らは患者の体の細胞をiPS細胞に変化させて最新のゲノム編集で遺伝子を修…

この記事は有料記事です。

残り1454文字(全文1761文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 望月がジュニア世界1位 現行制度下では日本勢初
  5. ガンダム 「0080」のNT-1のガンプラがクリアカラーに 内部フレームが見える アーマー着脱も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです