メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドライブヘッド

宇内梨沙アナが本人役で出演 笹川友里アナの“ピンチヒッター”に

アニメ「トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察」に本人役で出演する宇内梨沙アナウンサー(C)TOMY/ドライブヘッド・TBS

 TBSの宇内梨沙アナウンサーが、アニメ「トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察」(TBS系)に本人役で出演することが22日、明らかになった。同アニメには笹川友里アナウンサーが本人役でレギュラー出演しており、宇内アナは劇中で夏休みをとる笹川アナの“ピンチヒッター”として登場する。

 宇内アナが登場するのは23日放送の第24話。夏休み中の笹川アナに代わり、劇中で起こる災害や事件の様子を伝えるAKTVのキャスターを、宇内アナが務める。一方、休暇を高原のリゾートホテルで満喫している笹川アナには予期せぬ災難が……という展開。

 宇内アナは「小さなころから大好きなアニメに、自分が登場できるとは思いませんでした。本当に本当にうれしいです」と出演を喜び、「また、笹川さんのアフレコも見学したんですが、アナウンサー役だけでなく演技をするシーンも見事演じていて、さすがでした。私のアフレコも見守ってくださって心強かったです!」と振り返った。笹川アナは「宇内アナウンサーと共にアフレコ、頑張りました!」と話し、「日々、試行錯誤ですが、監督の手取り足取りの演技指導に救われています。ぜひご覧ください!」とコメントしている。

 アニメは近未来を舞台に、人知を超えた災害、複雑多様化する犯罪や事故に対応するために政府が作った機動救急警察ハイパーレスキューの活躍を描いている。TBS系で毎週土曜午前7時に放送。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本社世論調査 裁量労働制の対象拡大「反対」57%
  2. 訃報 左とん平さん80歳=俳優 「時間ですよ」
  3. 御堂筋線なんば駅 16キロ分天井ボード落下 漏水原因か
  4. 平昌五輪 和やかなフィナーレ 閉会式、選手77人参加
  5. 北海道・遺体遺棄 「山に女性運ぶ」男の1人が供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]