メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米FRB

資産縮小を10月開始 12月の追加利上げ示唆

 【ワシントン清水憲司】米連邦準備制度理事会(FRB)は20日、2008年秋のリーマン・ショック後に実施した量的緩和政策で膨らんだ保有資産の規模縮小を10月から始めると発表した。金融危機後の大規模緩和から金融政策を平時に戻す「正常化」は危機発生から約9年を経て、仕上げの段階に入る。また、年内に想定する利上げ回数は引き続き「あと1回」と見込み、12月の追加利上げ実施を示唆した。

 19、20の両日に開催した連邦公開市場委員会(FOMC)で決めた。イエレン議長は終了後の記者会見で「米経済はうまくいっているというのが(金融政策正常化の)基本的なメッセージだ」と述べた。政策金利は現行の1.0~1.25%に据え置いた。決定は全員一致だった。

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文1010文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです