メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国高速鉄道

世界最速350キロ 復活アピール

350キロ走行の一番列車となった北京南駅発の「復興号」。記念撮影する鉄道ファンの姿もあった=中国・北京市で2017年9月21日午前、赤間清広撮影

 【北京・赤間清広】北京と上海を結ぶ高速鉄道の最高時速が21日、営業運転としては世界最速となる350キロに引き上げられた。中国の高速鉄道は2011年に起きた衝突事故を機に最高時速を300キロに抑えていたが、10月に開幕する中国共産党大会を前に、高速鉄道の完全復活をアピールした形だ。北京・上海間は従来より20分短い4時間半に短縮される。

 北京・上海間では今年6月、中国が独自開発した新型車両「復興号」の運行が始まっている。中国政府は高速鉄道技術の海外輸出に力を入れており、350キロ運行に戻すことで、海外マーケットに中国の鉄道技術の高さを印象付ける狙いもありそうだ。

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです