メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国高速鉄道

世界最速350キロ 復活アピール

350キロ走行の一番列車となった北京南駅発の「復興号」。記念撮影する鉄道ファンの姿もあった=中国・北京市で2017年9月21日午前、赤間清広撮影

 【北京・赤間清広】北京と上海を結ぶ高速鉄道の最高時速が21日、営業運転としては世界最速となる350キロに引き上げられた。中国の高速鉄道は2011年に起きた衝突事故を機に最高時速を300キロに抑えていたが、10月に開幕する中国共産党大会を前に、高速鉄道の完全復活をアピールした形だ。北京・上海間は従来より20分短い4時間半に短縮される。

 北京・上海間では今年6月、中国が独自開発した新型車両「復興号」の運行が始まっている。中国政府は高速…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文443文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  4. 2歳娘「ママーおちるー」病院ベッドで泣き叫んだ 大津園児死傷事故1カ月
  5. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです