将棋

藤井四段、王座戦予選1回戦で小林健九段降す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
藤井聡太四段=加古信志撮影
藤井聡太四段=加古信志撮影

 歴代1位の公式戦29連勝の記録を持つ将棋の藤井聡太四段(15)は20日、大阪市福島区の関西将棋会館であった第66期王座戦(日本経済新聞社主催)1次予選1回戦で小林健二九段(60)を降した。藤井四段の先手番で、四間飛車に構えた小林九段が角交換する珍しい出だしとなり、63手で藤井四段が勝った。藤井四段…

この記事は有料記事です。

残り177文字(全文327文字)

あわせて読みたい

注目の特集