福岡労働局

ヤマト運輸を書類送検 残業代未払いで

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 福岡労働局は20日、宅配最大手のヤマト運輸が博多北支店(福岡市)の配達員に残業代の一部を支払っていなかったとして、同社と同支店の幹部2人を労働基準法違反容疑で福岡地検に書類送検した。労働局側は同社のサービス残業をこれまで複数回是正勧告したが改善がみられず、刑事事件化に踏み切った。サービス残業を巡って同社が書類送検されるのは全国初。

 送検容疑は、昨年6月16日~7月15日の間、配達員2人に残業代の一部計約15万円を支払わなかったなどとしている。ヤマト運輸は「送検された内容は事実」としている。

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文631文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集