米社予想

宮坂氏「ノーベル化学賞有力」論文引用回数など

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米科学情報会社「クラリベイト・アナリティクス」は20日、学術論文の引用回数などを基にしたノーベル賞有力候補者22人を発表した。日本からは化学賞候補に桐蔭横浜大医用工学部の宮坂力(つとむ)特任教授(64)が選ばれた。

 宮坂氏は光を効率よく電気に変換できる「ペロブスカイト結晶」という物質に半導体として…

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文348文字)

あわせて読みたい

注目の特集