メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ショートメール

メークのチカラ /静岡

 先週末、視覚障害者が自分自身でフルメーキャップできる化粧法「ブラインドメイク」を取材した。ブラインドメイクとは、鏡を見なくても両手や指を使って短時間で美しく化粧ができる技法で、日本ケアメイク協会の大石華法理事長=大阪市=が2010年に考案した。瞬く間に評判が広まり、これまでに200人以上が教えを受けたという。

 大石さんは大阪市内で暮らしているが、16日に講演のため静岡を訪れた。記者は、静岡市葵区の眼科の一室を使い、大石さんがメーク講座を行う様子を取材し、その翌朝に静岡市内のホテルで話を聞かせてもらった。

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文648文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  5. 本紙報道に維新「誤報」 衆院代表質問 大阪市4分割コスト

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです