メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まねき食品

日本駅弁店、台湾進出へ 来月31日、台北駅構内にオープン 地元食材、和風味に仕上げ 姫路 /兵庫

台湾で販売する駅弁を紹介する竹田典高専務(中央)ら=兵庫県姫路市役所で、幸長由子撮影

 まねき食品(姫路市)は21日、台湾の台北駅構内に駅弁販売店「弁当屋まねき」を10月31日に開店すると発表した。同社によると、日本の駅弁店が海外で常設出店するのは初めてだという。【幸長由子】

 まねきは1889(明治22)年、国内で初めて幕の内弁当を駅弁として販売した老舗弁当店。世界的な日本食人気を受け、弁当の海外進出を検討していた。昨年、台北のデパートで期間限定で弁当などを販売した際に、台…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文491文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです