メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まねき食品

日本駅弁店、台湾進出へ 来月31日、台北駅構内にオープン 地元食材、和風味に仕上げ 姫路 /兵庫

台湾で販売する駅弁を紹介する竹田典高専務(中央)ら=兵庫県姫路市役所で、幸長由子撮影

 まねき食品(姫路市)は21日、台湾の台北駅構内に駅弁販売店「弁当屋まねき」を10月31日に開店すると発表した。同社によると、日本の駅弁店が海外で常設出店するのは初めてだという。【幸長由子】

 まねきは1889(明治22)年、国内で初めて幕の内弁当を駅弁として販売した老舗弁当店。世界的な日本食人気を受け、弁当の海外進出を検討していた。昨年、台北のデパートで期間限定で弁当などを販売した際に、台…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです