防災啓発絵本

神戸の出版社が寄贈 消防局が感謝状 /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
完成した絵本について原画を前に説明する垂水消防署の谷敏行消防司令(中央)と畑中弘子さん(左)、金澤麻由子さん=神戸市中央区の神戸市役所館内で、中野浩二撮影
完成した絵本について原画を前に説明する垂水消防署の谷敏行消防司令(中央)と畑中弘子さん(左)、金澤麻由子さん=神戸市中央区の神戸市役所館内で、中野浩二撮影

 神戸市消防局(中央区)が、童話や絵本などの児童書を手掛けるビーエル出版(同市兵庫区出在家町2)と連携し製作した防災啓発絵本が完成し、20日、同消防局局長室で寄贈式が行われた。式では同出版の落合直也社長が絵本15冊を贈呈。菅原隆喜・市消防局長が感謝状を贈った。

 絵本のタイトルは「地震(じしん)がおき…

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文353文字)

あわせて読みたい

注目の特集