メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

布施広の地球議

「国なき民」の悲哀

 早春とはいえ極寒の山麓(さんろく)に降るあられが視界を白く塗りつぶした。冷たいつぶてに打たれて立ち尽くす。原稿が書けない。現実を表現できない。目の前の巨大な不条理を生んだ「国際秩序」への疑問がこみ上げてくる。

 私はイラクとトルコの国境地帯にいた。1991年4月。トルコ側の山腹を埋めた数十万人のクルド難民は、新聞紙などで囲った名ばかりのテントの中で震え、雑草を口に入れて雪解け水を飲んだ。飢えと寒さ、下痢などで体力を失って次々に死んでいった。

 食糧を求め、ひそかにトルコの山里へ下りようとする人は、見張りのトルコ兵が容赦なく狙撃した。病気の赤…

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文1000文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  3. 「桜を見る会」 与党に「推薦依頼」 官邸ホームページ動画に「招待枠」発言も

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 新国立競技場でラグビー大学選手権決勝を開催 来年1月11日

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです