武田医学賞

京大と阪大の2教授

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 武田科学振興財団(大阪市)は21日、今年度の「武田医学賞」を、大阪大の木下タロウ教授(65)と、京都大の小川誠司教授(55)に贈ると発表した。贈呈式は11月13日に東京都内で開かれる。

 木下教授は細胞表面のたんぱく質「GPIアンカー」が作られる仕組みを解明し、てんかんなどを伴う「先天性GPI欠損症…

この記事は有料記事です。

残り96文字(全文246文字)

あわせて読みたい

ニュース特集