メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域医療を考える

高齢になればなるほど…… 認知症と物忘れ、どちら? 宇和島徳洲会病院・貞島総長に聞く

 歳をとれば誰でもなる可能性がある認知症。高齢化社会の到来に伴い、患者数は2025年に約700万人に上るとの推計もある。認知症はどのような症状か。どういった環境だとなりやすいのか。「もの忘れ外来」がある宇和島徳洲会病院の貞島博通総長に聞いた。【聞き手は毎日新聞松山支局次長・久保聡】

「1人」だと悪化しやすく 幻想や妄想、性格の変化も

 --日常生活での物忘れと認知症はどのような違いがあるのですか。

 ◆普段の物忘れはストーリーがある程度できています。例えば、ご飯を食べて外出したとします。その場合、…

この記事は有料記事です。

残り2448文字(全文2696文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです