メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域医療を考える

高齢になればなるほど…… 認知症と物忘れ、どちら? 宇和島徳洲会病院・貞島総長に聞く

 歳をとれば誰でもなる可能性がある認知症。高齢化社会の到来に伴い、患者数は2025年に約700万人に上るとの推計もある。認知症はどのような症状か。どういった環境だとなりやすいのか。「もの忘れ外来」がある宇和島徳洲会病院の貞島博通総長に聞いた。【聞き手は毎日新聞松山支局次長・久保聡】

「1人」だと悪化しやすく 幻想や妄想、性格の変化も

 --日常生活での物忘れと認知症はどのような違いがあるのですか。

 ◆普段の物忘れはストーリーがある程度できています。例えば、ご飯を食べて外出したとします。その場合、…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  2. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. DV被害で夫殺害、妻の被告に求刑半分3年6月判決 名古屋地裁
  5. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです