メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域医療を考える

高齢になればなるほど…… 認知症と物忘れ、どちら? 宇和島徳洲会病院・貞島総長に聞く

 歳をとれば誰でもなる可能性がある認知症。高齢化社会の到来に伴い、患者数は2025年に約700万人に上るとの推計もある。認知症はどのような症状か。どういった環境だとなりやすいのか。「もの忘れ外来」がある宇和島徳洲会病院の貞島博通総長に聞いた。【聞き手は毎日新聞松山支局次長・久保聡】

「1人」だと悪化しやすく 幻想や妄想、性格の変化も

 --日常生活での物忘れと認知症はどのような違いがあるのですか。

 ◆普段の物忘れはストーリーがある程度できています。例えば、ご飯を食べて外出したとします。その場合、…

この記事は有料記事です。

残り2448文字(全文2696文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  3. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです