メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西鉄ライオンズ最強伝説

黄金期編/8 野武士の真相

博多どんたくに繰り出す西鉄ライオンズの面々。左端が中西太選手

 1958年、日本シリーズ3連覇を果たした西鉄ライオンズは「野武士軍団」とも呼ばれた。グラウンド外での豪快なエピソードが元になっているが、本人たちは自著などでやんわりと否定することが多い。野放図なイメージは一級の「演出」だったのかもしれない。

 確かに、毎年5月の福岡の市民祭り「博多どんたく」に参加するなど「騒ぎ好き」の面はあった。遠征時に列車の酒を飲み干したという話もある。大勢の若手を引き連れて酒席をはしごした故大下弘さんは野武士らしい選手の代表格だった。

 ただし、当時の主力選手、高倉照幸さん(82)によれば列車の酒は「熱烈なファンが同乗して飲んだ」とい…

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文733文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです