メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

甲虫

ゾウムシの硬い体は共生細菌のおかげ

硬い外骨格を持つクロカタゾウムシ=産業技術総合研究所提供

 甲虫「ゾウムシ」の一部は、硬い体を作るのに必要な材料となる「チロシン」というアミノ酸を、体内に共生する細菌に作らせていることが分かったと、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)などの研究チームが米科学アカデミー紀要に発表した。

 ゾウムシの仲間は6万種以上いるとされる。頭の先端がゾウの鼻のように伸びているものが多いことから名づけられた。穀物を食べるコクゾウムシなど害虫が多い。産総研の深津武馬首席研究員は「共生細菌に着目した新たな駆除技術開発が期待できる」と話す。

 甲虫は外敵や乾燥から身を守るため、「外骨格」と呼ばれる硬い体を持つ。チームは、甲虫の中でも特に外骨格が硬い八重山諸島の固有種「クロカタゾウムシ」など、4種のゾウムシに共生する細菌「ナルドネラ」の役割を調べた。幼虫を抗生物質にさらして細菌の量を減らすと、体液中のチロシン濃度が低下し、外骨格が軟らかい成虫になった。高温で細菌を死滅させると、成虫にならずサナギのまま死んだという。

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相の資産6277万円 内閣平均1億651万円 閣僚ら資産公開

  2. 下地幹郎衆院議員、自民沖縄県連に復党願 IR汚職巡り維新から除名処分

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです