電通違法残業

企業に改革迫る

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

解説

 資本金約746億円、グループ全体の従業員数約5万5000人という巨大企業・電通の労働環境が問われた公判が即日結審した。長時間労働を肯定してきた日本の企業に改革を迫る刑事裁判と位置づけられる。

 電通では1991年に入社2年目の社員が過労自殺。遺族が起こした民事訴訟は2000年に電通が損害賠償と謝罪をすることで和解した。10年以降も労働基準監督署から…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

あわせて読みたい

ニュース特集