メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

電通違法残業 「長時間労働は思考奪う」漫画で訴え

 電通の事件を受けて、過労自殺寸前まで追い詰められた経験を持つ女性イラストレーターが4月に出版した漫画が反響を呼んでいる。汐街(しおまち)コナさんの「『死ぬくらいなら会社辞めれば』ができない理由(ワケ)」(あさ出版)。汐街さんは「過労は『仕事を辞める』という選択肢が思い浮かばなくなるほど、人から判断力を奪ってしまうことを知ってほしい」と訴える。

 汐街さんは数年前にグラフィックデザイナーとして広告会社に入社。勤務時間は午前9時半~午後5時半と定められていたが、帰宅はいつも終電だった。「タクシー代削減のために終電で帰宅していたが、家が会社に近かったらもっと遅くまでいたと思う」。睡眠時間が3~4時間になる日もあったという。

 ある日、終電を待っている時、ふっと「今、線路に飛び込めば、明日会社に行かなくていい」との考えが頭をよぎった。「性格テストで『自己犠牲』の評価が常に低い私でも、死にかけた。冷静に判断ができないところまできていた」と振り返る。

 電通の問題について、ネット上で「死ぬくらいなら仕事を辞めればいい」とのコメントを見つけた。違和感を持ち、経験を漫画にしてネットに発信すると、反響は大きく、今回の出版に至った。

 汐街さんは「『長時間労働=いい社員』という価値観を変えなければ、過労死はまた起きる」と話す。【石山絵歩】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ
  2. 日馬富士暴行 貴乃花親方、協会と溝深く 黙して語らず
  3. クローズアップ2017 日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ
  4. 浜崎あゆみ 過労ダウン…急性気管支炎で17日の仙台公演キャンセル(スポニチ)
  5. 厚労省検討会 医師不足地域で勤務を…開業の条件に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]