電通違法残業

「長時間労働は思考奪う」漫画で訴え

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 電通の事件を受けて、過労自殺寸前まで追い詰められた経験を持つ女性イラストレーターが4月に出版した漫画が反響を呼んでいる。汐街(しおまち)コナさんの「『死ぬくらいなら会社辞めれば』ができない理由(ワケ)」(あさ出版)。汐街さんは「過労は『仕事を辞める』という選択肢が思い浮かばなくなるほど、人から判断力を奪ってしまうことを知ってほしい」と訴える。

 汐街さんは数年前にグラフィックデザイナーとして広告会社に入社。勤務時間は午前9時半~午後5時半と定められていたが、帰宅はいつも終電だった。「タクシー代削減のために終電で帰宅していたが、家が会社に近かったらもっと遅くまでいたと思う」。睡眠時間が3~4時間になる日もあったという。

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文565文字)

あわせて読みたい

ニュース特集