高校野球

清宮選手、プロ志望を表明「868本打ちたい」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 高校野球で歴代最多とされる通算111本塁打を放った東京・早稲田実の清宮幸太郎内野手(18)が22日、東京都国分寺市の同校で記者会見を開き、プロ志望届を提出する意向を明らかにした。「より高いレベルに身を置き、鍛錬し努力することで目の前の目標を一つずつクリアしたい。自分を成長させていただける球団にいきたい」と述べた。「いずれは868本を打ちたい」と早稲田実の先輩である王貞治さんが持つプロ野球通算本塁打記録に意欲を見せた。

 高校球界屈指の強打者がプロ入りを表明したことで、10月26日のプロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議での1位指名は確実視され、複数球団による競合は必至だ。

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文548文字)

あわせて読みたい