メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国語調査

55%の人「流行語の意味分からず困っている」

新しい表現を使っていますか?
この言葉の意味は? どちらの言葉を使いますか?

文化庁「スマホ普及で、若者言葉に触れる機会増加」と推測

 文化庁が21日に発表した2016年度「国語に関する世論調査」で、55%の人が流行語や新語の意味が分からずに困っていることが分かった。半数を超えたのは初めてで、文化庁は「スマートフォンが普及し、中高年が若者言葉に触れる機会が増えたためではないか」と推測している。

     調査は国語に関する国民の意識や理解度を調べるため、1995年度から毎年、16歳以上の男女を対象に面接方式で実施。今回は2015人から回答を得た(回収率56.5%)。【伊澤拓也】

     言葉に関して困っていることや気になっていることを尋ねたところ、55.5%の人が「流行語や新しい言葉の意味が分からないことがある」と答えた。同じ質問をした過去4回は41~42%で、直近の10年度からは13.7ポイント増えた。年代別では60代が69.7%で最も高く、40代、50代、70歳以上でも半数を超えた。最も低かったのは10代で23.7%だった。

     また「年の離れた人たちが使っている言葉の意味が分からない」と答えた人は過去4回は22~23%だったが、今回は30.8%に増えた。

     慣用句や新しい表現の理解度も調査した。

     慣用句では今回初めて「存続するか滅亡するかの重大な局面」を表す言葉について尋ねたところ、「存亡の危機」を使う人が83.0%を占め、本来の言い方の「存亡の機」を選んだ人は6.6%にとどまった。「存亡の危機」は戦後50年の村山富市首相談話や、06年の小泉純一郎首相の施政方針演説にも登場する。文化庁は「今は広く使われている。明確な誤用と言うのは難しい」としている。

     また「ぞっとしない」を本来の意味の「面白くない」と理解している人は22.8%で、前回に質問した06年度から8.5ポイント低下した。

     新しい表現では、前向きな気持ちが失われるという意味で使われている「心が折れる」は43.3%が「使う」と答えた。世代による差が大きく、最も高い20代は76.2%だった。この表現は、もともとは「気持ちを相手側に曲げる」という意味という。

     一方、驚きを表現する「目が点になる」を使う人は46.4%。40代と50代が高く、7割近くに上った。文化庁によると、80年代に漫画で驚いた登場人物の目が点で描かれるようになり、こうした作品に親しんだ世代を中心に言葉としても定着したという。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
    2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
    3. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
    4. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
    5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです