メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本将棋連盟

金属探知機検査を実施へ 分かれば即負け

東京と大阪の将棋会館で試験的に10月1日から12月末まで

 日本将棋連盟は21日、東京と大阪の将棋会館で行われる全対局で金属探知機を使用した検査を、10月1日から12月末まで試験的に実施すると発表した。棋士らの意見を聞き、新年から正式導入する方針。電子機器の不正使用を防止するため、昨年12月から対局中の電子機器所持は禁止されていたが、棋士らで構成する対局規定委員会の答申を受け、今回の対策強化となった。検査は対局前に行い、対局中に電子機器の所持がわかった場合、不正使用したかどうかに関わらず、その棋士は負けとなる。昨年10月からほとんどのタイトル戦で金属探知機による検査が実施されていたが、予選や一般棋戦にも広がることになる。【山村英樹】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/1 風呂は恐怖の時間
  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  3. 熊本・乳児殺害 覚醒剤を飲ませて 懲役16年確定へ 上告棄却
  4. 五輪フィギュア 坂本73.18点 女子SP
  5. 旧優生保護法 強制不妊手術9歳にも 宮城、未成年半数超

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]