メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民健康調査

糖尿病1000万人超 過去最多

糖尿病有病者の推移

 日本人の成人のうち糖尿病を持つ人は2016年時点で過去最多の約1000万人に上ることが、厚生労働省が21日に公表した国民健康・栄養調査の結果で分かった。前回12年調査より約50万人増え、糖尿病の調査を始めた1997年より約310万人増加した。厚労省は増加の理由を、高齢化に加え、特定健診(メタボ健診)での指摘で医療機関に行って糖尿病と診断された人が増えたためとみている。

 厚労省は糖尿病の有病者数を22年度で約1000万人に抑える目標を掲げているが、達成は難しい状況だ。

 調査は16年10~11月に約2万6000人を抽出して実施。うち20歳以上の約1万1000人を対象に血液検査したり、糖尿病治療の有無を尋ねたりして、有病者やその予備軍の割合を調べた。

 その結果、有病者は12.1%、病気の可能性を否定できない予備軍も同じく12.1%おり、全国の人口規模に広げるといずれも約1000万人に上った。有病者の性別は男性が16.3%、女性が9.3%。有病者のうち現在治療を受けている人は76.6%だった。

 糖尿病の調査は4、5年ごとに実施。糖尿病予備軍については、07年の約1320万人をピークに、前回12年は1100万人、今回1000万人と減少傾向にある。厚労省は「メタボ健診の普及で生活習慣病の予防意識が高まったことが要因」と分析。「15年度で約50%の健診の受診率をさらに高め、今後有病者数の抑制につなげたい」としている。【桐野耕一】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 警官が50キロ超過で走行、死亡事故 東京
  2. 新幹線 ドア開け忘れ、200人置き去り 名古屋駅
  3. ドクターX 未知子は死なず…最終話は今年最高視聴率 25.3%で有終の美
  4. 選抜高校野球 21世紀枠の候補校を発表
  5. スーパー クレしん25周年で春日部にサトーココノカドー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]