メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 大熊町、復興拠点に860ヘクタール検討 全域の11% 22年春避難解除目指す /福島

 東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く大熊町は22日、帰還困難区域に再び居住できるようにする「特定復興再生拠点」(復興拠点)の整備計画について、町全域の約11%にあたる約860ヘクタールを国に申請する方向で検討していると明らかにした。2022年春をめどに避難指示の解除を目指す。町議会全員協議会で説明した。

 町によると、JR大野駅を中心にした約860ヘクタールで優先的に除染を進め、整備を終えた場所から順次…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文429文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです