六本木アートナイト

アートと日本酒に酔って きき酒師選定10銘柄 30日 /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
出展アーティストの板垣幸子さん(左)ときき酒師の松井かおりさん=港区で
出展アーティストの板垣幸子さん(左)ときき酒師の松井かおりさん=港区で

 10人の気鋭アーティストの作品に合わせて全国各地の日本酒をセレクトし、作品鑑賞と味覚の相乗効果を楽しんでもらおうという試み「ペアリング」が30日、港区の「ギャラリー・ララ東京」(六本木7の5の11の605)で開かれる。国立新美術館など六本木地区の美術館、画廊で行われる「六本木アートナイト」(都、実行委員会など主催)の一環。

 同ギャラリーが具象画や抽象画、写真、立体などバラエティーに富んだ10人の作品を選定。きき酒師の松井かおりさんが、作品の印象や制作プロセス、アーティストのエピソードなどを基に、日本酒10銘柄を選んだ。会場では、300円で3種の試飲か、500円でグラス1杯の日本酒を味わいながら作品を鑑賞できる。

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文570文字)

あわせて読みたい

注目の特集