メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

六本木アートナイト

アートと日本酒に酔って きき酒師選定10銘柄 30日 /東京

出展アーティストの板垣幸子さん(左)ときき酒師の松井かおりさん=港区で

 10人の気鋭アーティストの作品に合わせて全国各地の日本酒をセレクトし、作品鑑賞と味覚の相乗効果を楽しんでもらおうという試み「ペアリング」が30日、港区の「ギャラリー・ララ東京」(六本木7の5の11の605)で開かれる。国立新美術館など六本木地区の美術館、画廊で行われる「六本木アートナイト」(都、実行委員会など主催)の一環。

 同ギャラリーが具象画や抽象画、写真、立体などバラエティーに富んだ10人の作品を選定。きき酒師の松井かおりさんが、作品の印象や制作プロセス、アーティストのエピソードなどを基に、日本酒10銘柄を選んだ。会場では、300円で3種の試飲か、500円でグラス1杯の日本酒を味わいながら作品を鑑賞できる。

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文570文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新種昆虫に“中村哲医師” エジプト人研究員が命名提案 「功績を知って」

  3. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  4. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  5. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです