メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・HOTEL夢のひととき

ホテル雅叙園東京/上 「竜宮城」の面影、今に /東京

江戸の風俗を表現した日本画が飾られたホテル雅叙園東京の回廊=目黒区下目黒1で

至る所に美人画や彫刻

 「我等(われら)が誇る三大名所 富士ヤマ 日光 雅叙園」--。太平洋戦争中の1942(昭和17)年、目黒雅叙園のポストカードには、自らの施設を誇るうたい文句がそう記されていた。

 現在も館内には至る所に美人画が描かれ、金箔(きんぱく)と漆塗りの豪華な化粧室。「東洋一の美術の殿堂」で「一日をお大尽のように過ごしてほしい」という創業当時からのサービス精神は、今年4月に「目黒雅叙園」から「ホテル雅叙園東京」と名称を変え、客室の改装などを実施した今も、脈々と受け継がれている。

 31(昭和6)年、実業家の細川力蔵がこの地に料亭を開いたのが目黒雅叙園の始まりだ。それまで芝浦で営…

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文872文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  2. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  5. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです