メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
未来を見る『め』

スクールクライシス学校危機・心と命を救おう いじめ防止法4年、減らぬ被害 /大阪

自殺・未遂過半数が事前相談/多くは記録さえ残らず

校内の「対策組織」活用を/対応ぶりメモしよう

 2013年9月28日に「いじめ防止対策推進法」(以下防止法)が施行され、まもなく4年を迎えます。しかし残念ながら、文部科学省発表の「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」で、防止法第28条第1項に規定する重大事態のうち1号事案、すなわち「生命・身体・精神・財産に係るいじめ問題」の推移を見ると、13年度は防止法施行後の半年間で75件、14年度は92件、15年度は130件発生しています。

 また、文科省発表の児童生徒の自殺のうち、いじめ問題が背景にあるのではないかと報告されたものは、13…

この記事は有料記事です。

残り1605文字(全文1902文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

  5. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです