メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

わかやま市民生協 被爆ピアノコンサート /和歌山

被爆ピアノを演奏する梶田法子さん(左)と三線を演奏しながら歌う大島久美子さん=和歌山市のわかやま市民生協で、矢倉健次撮影

音色と歌声、平和の祈り

 広島原爆で被災したピアノによるコンサートが今月8、9の両日、和歌山市と田辺市で開かれた。わかやま市民生協が平和教育の一環で企画し、今年で3回目となった。両会場とも、子供連れなど多くの聴衆が集まり、苦難の時代を経験したピアノから流れる美しい響きに平和への思いを新たにした。

 使用されたピアノは、爆心地から約1・8キロの中区千田町の民家で被災したヤマハ製アップライトピアノ。本体には、爆風で突き刺さったガラス片の跡が無数に残っている。

 広島市の調律師、矢川光則さんが所有する「被爆ピアノ」6台ののうちの1台で、コンサート当日の早朝、広…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文678文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  4. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです