メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国遍路展

お遍路、海越える 世界遺産目指し スペイン展示大盛況 /愛媛

「四国遍路展」初日のにぎわい。手前には四国八十八ケ所霊場会青年部が運び込んだ弘法大師像も=愛媛大の胡光教授撮影

 世界遺産「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」の目的地・サンティアゴ大聖堂があるスペイン北西部・ガリシア州で、初の「四国遍路展」が24日まで開かれている。四国4県の行政、大学、経済団体などでつくる「『四国八十八箇所霊場と遍路道』世界遺産登録推進協議会」が主催した。会場には四国霊場の砂を集め、お遍路と同じご利益があるという「お砂踏み」もでき、巡礼文化で育った善男善女が静かに合掌しながらお砂を踏んでいる。【松倉展人】

 「四国八十八箇所霊場と遍路道」の世界遺産登録を目指し、四国4県は2015年にガリシア州と協力協定を締結し、両国で国際シンポジウムを開くなど文化・芸術関連事業を続けている。

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文964文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 江頭2:50、大川興業を退社 公式サイトで報告「ありがとうございました」

  2. 「ヘルパーからコロナ感染し死亡」 82歳女性の遺族が介護事業所を提訴 広島

  3. フランス料理のシェフ、関根拓さん死去 39歳

  4. 「前例ない決定、菅首相がなぜしたかが問題」学術会議任命外された加藤陽子氏コメント

  5. 石原さとみさん結婚へ 会社員男性と「どんな困難も乗り越えていける」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです