メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

難病児きょうだいに支援を

スタッフの介助を受けながら、病児やきょうだいが、スイカ割りを楽しんだ=愛媛県愛南町で

 近年、病気や障害を持つ子の家族支援が医療現場で注目されている。その中で見落とされがちなのが、難病児のきょうだいだ。親や医師らが病児の治療やケアに意識が向く陰で、きょうだいは複雑な思いを抱え、深い傷を負うこともある。難病・障害児のきょうだい支援の現状を取材した。

 ●気兼ねせず遊んで

 「冷たい!」「気持ちいい!」。山あいのせせらぎに、子どもたちの明るい声が響き、水しぶきがはねる。愛媛県愛南町で8月、病児と家族のお泊まり会「媛っこすくすく愛キャンプ」(NPO法人ラ・ファミリエ主催)が1泊2日で実施され、病気や障害を持つ子ども24人と、きょうだいや親ら25人が参加した。

 「愛キャンプ」は難病児と家族が入院・通院時に利用する滞在施設「ファミリーハウスあい」(松山市)が2003年に設立された当初から、外出に負担を感じがちな病児と家族のために、毎年実施されてきた。15年の児童福祉法改正で、小児がんや慢性心疾患など722の疾病を持つ児童の自立支援事業が行われており、ラ・ファミリエは愛媛県と松山市の委託を受け事業を実施。現在、キャンプはこの一環で行われている。

この記事は有料記事です。

残り1513文字(全文1992文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紅白、星野源さんら5組は生でなく事前収録 NHK「演出上の都合」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  5. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです