メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

武田砂鉄の気になるこの人

現代人の「生きにくさ」 ゲスト・東京大准教授、熊谷晋一郎さん(その2止)

武田砂鉄さん

実は「非効率」を求めるポストフォーディズム

 熊谷 ここ30年で自閉スペクトラム症=注<3>=の人の数は何十倍にも増えています。以前は健常者とされた人も、今は生きづらくなっていることを示唆します。今は昔なら個性と思われたこと、例えば友達と仲良くできない子供や先生のいうことを聞かない子供が、発達障害ではないかと専門機関を紹介される傾向が目立ちます。高度成長期は、マニュアル通り同じ作業を続けられる労働者こそが理想だった。機械化の進展で人間に要求される能力がコミュニケーション重視になり、黙々と同じことをする傾向の人は、こだわりが強すぎると否定的に扱われだした。この空気が若い人の人間関係などにも浸透しています。

 また、人は自らの過去と切断されないからこそ、一貫性を持った価値観を維持できますが、今のポストフォー…

この記事は有料記事です。

残り872文字(全文1226文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 三重南部で猛烈な雨 尾鷲市で9353世帯に避難指示

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです