メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春風亭一之輔のぶらっと落語歩き

今日のお題 ねずみ(仙台市)

かつて虎屋という薬種問屋があったことにちなむ虎屋横丁と国分町通りが交差するあたりを歩く春風亭一之輔さん=濱田元子撮影

 全国各地に伝承が残る名工左(ひだり)甚五郎は、講談や落語でもおなじみのキャラクター。奥州は仙台が舞台の「ねずみ」もその一つ。甚五郎の足跡をたどり、“杜(もり)の都”を落語家の春風亭一之輔さんと、ぶらっと。

 東京から仙台まで新幹線「はやぶさ」で約1時間半。「落語会で来ますけど、いつも日帰り。つまらないですよね」。江戸時代には歩いて1週間以上の旅だった。そんな時代、松島見物でもしようと甚五郎が城下町仙台にやって来たところから、噺(はなし)は始まる。

 客引きの子供に誘われ、泊まることになったのが鼠(ねずみ)屋というちっぽけな貧乏宿屋。聞くと、主人の卯兵衛は元は虎屋という大きな宿屋の主人だったが、階段から落ちて腰が立たなくなり、後添えのお紺と番頭丑蔵に乗っ取られたのだという。そこで一計を案じた甚五郎。1匹の鼠を彫り上げ、「福鼠」と名付けて置いたところ……。

この記事は有料記事です。

残り1978文字(全文2358文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  2. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  5. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです