メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
春風亭一之輔のぶらっと落語歩き

今日のお題 ねずみ(仙台市)

かつて虎屋という薬種問屋があったことにちなむ虎屋横丁と国分町通りが交差するあたりを歩く春風亭一之輔さん=濱田元子撮影

歴史伝える猫のような「虎」

 全国各地に伝承が残る名工左(ひだり)甚五郎は、講談や落語でもおなじみのキャラクター。奥州は仙台が舞台の「ねずみ」もその一つ。甚五郎の足跡をたどり、“杜(もり)の都”を落語家の春風亭一之輔さんと、ぶらっと。

 東京から仙台まで新幹線「はやぶさ」で約1時間半。「落語会で来ますけど、いつも日帰り。つまらないですよね」。江戸時代には歩いて1週間以上の旅だった。そんな時代、松島見物でもしようと甚五郎が城下町仙台にやって来たところから、噺(はなし)は始まる。

 客引きの子供に誘われ、泊まることになったのが鼠(ねずみ)屋というちっぽけな貧乏宿屋。聞くと、主人の…

この記事は有料記事です。

残り2070文字(全文2358文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. 大久保製壜所 職場の安全求めスト 3人負傷事故巡り 200人が支援 /東京

  5. 宮下英樹さん、ゆうきまさみさんが北条早雲語る 小田原で9月、五百年忌記念イベント

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです