特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

衆院選

システム改修間に合わず 集計で手作業も 札幌市

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
札幌市の衆院小選挙区の区割り
札幌市の衆院小選挙区の区割り

 7月施行の改正公職選挙法で衆院小選挙区の区割りが変更された札幌市で、システムの変更や住民への周知など対応に追われている。

 新区割りでは、札幌市西区の一部が道1区から4区へ、北区の一部が2区から1区へと移り、影響を受ける有権者は計約7万4400人。西区と北区では、これまで1カ所だった期日前投票所と開票所を選挙区ごとに2カ所設置することになり、市職員やアルバイトの増員を見込んでいる。

 市は有権者情報の管理や開票事務に用いるシステムを新区割りに対応させるため、「選挙事務関係システム改修費」の2600万円を含む補正予算案を開会中の9月定例市議会に提出しているが、市選管によると、システムの改修には3カ月かかる。担当者は「解散は早くとも年末以降だと予想していた。来月の衆院選には間に合わないため、既存のシステムの設定や運用の変更でカバーするしかない」とし、西区と北区では、開票時の集計作…

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文549文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る