特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

衆院選

中曽根康隆氏出馬表明で波紋 群馬1区保守分裂か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 中曽根康弘元首相の孫で弘文元外相(参院議員)の長男中曽根康隆氏(35)が、衆院群馬1区で自民党公認を得て出馬する意思を正式に表明したことが、自民党支持者らの間で波紋を広げている。1区には22日の時点で、現職の佐田玄一郎氏(64)と尾身朝子衆院議員(56)=比例北関東ブロック=を加えた計3人の自民系候補が並び立つ可能性が出てきたためだ。小選挙区の党公認候補は1人だけ。保守3分裂となるのか--。【鈴木敦子】

 「本当に弱った。どうしたら良いのか分からない」。党県連女性部関係者は頭を抱える。「我々は党公認候補を絶対に当選させなければならない。でも、それが『心から推したい人』とは限らない」

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文981文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る