演劇

会場は老舗銭湯 終演後はひと風呂

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
銭湯の中で行われた「寺島浴場の怪人」の公開けいこ=東京都墨田区東向島で2017年9月22日、米田堅持撮影
銭湯の中で行われた「寺島浴場の怪人」の公開けいこ=東京都墨田区東向島で2017年9月22日、米田堅持撮影

 列車や遊覧船など、さまざまな場所を会場に公演している劇団「シアターキューブリック」(東京都墨田区)が、今度は営業中の銭湯を会場にする。東京の下町で60年以上親しまれてきた寺島浴場(同区東向島6)で、「寺島浴場の怪人」を30日から上演する。

 劇は事故にあった30歳の小梅が「あの世とこの世をつなぐ19年前の銭湯」という異空間で同級生らと出会い、病気がちのクラスメートと話し、わだかまりが消えていく……というストーリー。2010年に同劇団が同区内で上演した「曳舟湯の怪人」をベースにしているが、舞台会場となる寺島浴場に合わせて演出を一新し、…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文674文字)

あわせて読みたい

注目の特集