メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
東京ゲームショウ

VRで存在感見せる中国、韓国企業

ひときわ注目を集める「ジャイロVR」=東京ゲームショウで

 東京ゲームショウが21日開幕し、23日から一般公開される。VR(仮想現実)元年といわれた昨年から1年、今年もVRやAR(拡張現実)のコーナーにはさまざまなアトラクションが出展されたが、中国や韓国の企業がそれぞれ先進的な技術を使った日本初公開のアトラクションを披露し、存在感をみせている。【兵頭和行】

産業ロボットを応用

 「キャー」という悲鳴が会場に響き渡った。重さ1.2トン、直径3.3メートルの大きな金属製の輪が前後左右360度自由自在に回り、輪の中の座席は前後、左右に揺さぶられる。座席の体験者の頭に取り付けられたヘッドマウントディスプレー(HMD)には、未来都市の上空を荒々しく疾駆する戦闘機からの映像が投影されている。

 「GYRO(ジャイロ) VR」と名付けられたそのアトラクションは、そもそも工場内で働く産業機械をも…

この記事は有料記事です。

残り1156文字(全文1519文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  2. 渡辺邦夫・幸手市長が辞職へ 広島で暴行事件

  3. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

  4. 投打で圧倒、星稜24年ぶり決勝に名乗り 奥川10K 中京学院大中京、二塁踏めず

  5. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです