メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京ゲームショウ

VRで存在感見せる中国、韓国企業

ひときわ注目を集める「ジャイロVR」=東京ゲームショウで

 東京ゲームショウが21日開幕し、23日から一般公開される。VR(仮想現実)元年といわれた昨年から1年、今年もVRやAR(拡張現実)のコーナーにはさまざまなアトラクションが出展されたが、中国や韓国の企業がそれぞれ先進的な技術を使った日本初公開のアトラクションを披露し、存在感をみせている。【兵頭和行】

産業ロボットを応用

 「キャー」という悲鳴が会場に響き渡った。重さ1.2トン、直径3.3メートルの大きな金属製の輪が前後左右360度自由自在に回り、輪の中の座席は前後、左右に揺さぶられる。座席の体験者の頭に取り付けられたヘッドマウントディスプレー(HMD)には、未来都市の上空を荒々しく疾駆する戦闘機からの映像が投影されている。

 「GYRO(ジャイロ) VR」と名付けられたそのアトラクションは、そもそも工場内で働く産業機械をも…

この記事は有料記事です。

残り1156文字(全文1519文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです