メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国連総会

北朝鮮問題や難民・移民で…各国演説

 ニューヨークで開催中の国連総会の一般討論演説で21日、各国首脳らは北朝鮮問題や難民・移民問題でそれぞれの立場を主張した。

バングラデシュ首相

 【ニューヨーク國枝すみれ】バングラデシュのハシナ首相は、ミャンマー政府が西部ラカイン州の少数派イスラム教徒ロヒンギャに「民族浄化」を行っていると厳しく非難。「ミャンマー当局がロヒンギャが帰国するのを妨げるために国境沿いに地雷を埋めているのを見て恐れおののいた」と述べ、ミャンマーにロヒンギャの安全な帰国を保障するよう訴えた。また、国連に対し、ミャンマー国内にロヒンギャのための「安全地帯」を設置し、事実調査委員会を現地に派遣するよう要請した。首相によると、8月末からバングラデシュ側にロヒンギャ約43万人が逃げ込み、同国の難民人口は80万人以上に達しているという。

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文1051文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子中学生が転落死 インフルエンザで療養 広島 /広島

  2. 都立高部活 顧問教諭の動作で前歯2本折れ 元女子生徒が提訴

  3. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  4. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  5. JR東海が23年ぶり新型特急車両 初のハイブリッド方式、120キロで営業運転へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです