石綿

工場従業員遺族と国 岐阜地裁で和解成立

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 アスベスト(石綿)が原因の中皮腫で死亡したのは国が対策を怠ったためとして、大手耐火材メーカー「ニチアス」羽島工場(岐阜県羽島市)の元男性従業員(当時69歳)の遺族4人が国に損害賠償を求めた訴訟は22日、岐阜地裁(真鍋美穂子裁判長)で和解が成立した。国が計約1060万円を支払う内容。

 訴状によると、元従業員は1963~2007年、…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文417文字)

あわせて読みたい

ニュース特集