特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季高校野球

県大会 2回戦 静岡、接戦制す 常葉大菊川は快勝 /静岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【掛川西-静岡】二回裏静岡2死二塁、五味の左前適時打で二塁走者の小林が生還=浜松市の浜松球場で 拡大
【掛川西-静岡】二回裏静岡2死二塁、五味の左前適時打で二塁走者の小林が生還=浜松市の浜松球場で

 第70回秋季東海地区高校野球県大会(県高野連主催・毎日新聞静岡支局後援)は23日、浜松、愛鷹の両球場で2回戦4試合が行われた。常葉大菊川は静岡商に七回コールド勝ちし、昨年センバツ出場校の静岡は掛川西に競り勝った。浜松商と対戦した飛龍は両チーム計27安打の乱打戦を制し、日大三島は袋井商に完封勝利。24日も両球場で2回戦4試合が行われる。【竹田直人】

 <浜松球場>

 ▽2回戦

常葉大菊川

  1101022=7

  0000000=0

静岡商

 (七回コールド)

 (常)漢人-根来

 (静)古屋、高田-小沢

▽本塁打 鈴木(常)

▽三塁打 榛村、村上、奈良間(常)

▽二塁打 伊藤、根来(常)

掛川西 210000010=4

静岡  02011020×=6

 (掛)川合-飛弾野

 (静)鈴木翔、春-黒岩

▽三塁打 小林(静)

▽二塁打 鈴木、三浦(掛)小林、木下2(静)

 <愛鷹球場>

 ▽2回戦

浜松商 000313100=8

飛龍  21000216×=12

 (浜)江間、後藤、望月-宮野

 (飛)岡田、西沢、岡田-角田、泰地

▽本塁打 山下(浜)

▽二塁打 望月(浜)五十嵐、岡田(飛)

袋井商

  000000000=0

  01000220×=5

日大三島

 (袋)山本、伊藤優-山田

 (日)原賀-市岡

▽三塁打 土屋(日)

▽二塁打 鈴木神(袋)蒔田、土屋(日)


 ■青空

負けず嫌い、リベンジ誓う 静岡商2年・古屋悠翔選手

 「負けたくない」という執念が乗り移ったかのような打球だった。

 得点できなければコールド負けになる七回2死一塁という後のない場面で打順が回ってきた。

 「後ろにつなげようと必死に食らいついた」。バットの先に当たった打球はボテボテだったが相手三塁手の失策を誘い、一、三塁の得点機を作り出した。後続が倒れたためそのまま敗退したが、「次打者は悪くない。序盤から打たれた自分の責任」と悔やむ。

 先発のマウンドに登ったが、初回に本塁打を浴び、以降も変化球を打ち込まれた。六回途中までに被安打10、7失点で降板し、左翼手に回った。

 初めて背番号「1」を背負って挑んだ今大会は、ほろ苦いものとなったが、「投球の出来は悪くなかった」と振り返る。130キロ台半ばの直球は走っていたし、84キロのスローカーブも投げ込み多彩な球種も見せられた。

 今年の冬は徹底的に走り込むという。「直球の威力をさらに増して、春に常葉大菊川と対戦する。そのときはコールドで勝つ」。負けず嫌いの目が光った。【竹田直人】

【秋季大会2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする