特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季高校野球

県大会 4強決定、きょう準決勝 四日市工VS三重 いなべ総合VS松阪商 /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【白山-いなべ総合】五回裏いなべ総合2死一、三塁から、二盗を仕掛け、三塁走者の村山(左)も本塁に突入。捕手の辻の失策を誘って生還し、同点=松阪球場で 拡大
【白山-いなべ総合】五回裏いなべ総合2死一、三塁から、二盗を仕掛け、三塁走者の村山(左)も本塁に突入。捕手の辻の失策を誘って生還し、同点=松阪球場で

 第70回秋季東海地区高校野球県大会(県高野連主催、毎日新聞社後援)は23日、松阪球場など県内2球場で準々決勝4試合があった。いなべ総合が白山にサヨナラ勝ちし、三重が菰野に逆転勝ちした。四日市工は津商に続き、再びシード校の宇治山田商を破った。松阪商は津西を六回コールドで降した。24日は松阪球場で、午前10時から四日市工-三重、午後0時半からいなべ総合-松阪商の準決勝2試合があり、勝者は東海大会へ進む。敗者は最後の1枠を争う3位決定戦に回る。【森田采花】

 ○…松阪球場…○

 ▽準々決勝

菰野

  010000000=1

  00201000×=3

三重

 (菰)田中-渡辺

 (三)福田、山本-東

▽三塁打 梶田(三)

▽二塁打 梶田(三)

 ▽同

白山

  012100000=4

  001030001=5

いなべ総合

 (白)山本-辻

 (い)木戸、石川-佐藤

▽本塁打 伊藤(白)

▽二塁打 山本、栗山(白)

 ○…ダイムスタジアム伊勢…○

 ▽準々決勝

四日市工

  300020011=7

  011200000=4

宇治山田商

 (四)樋口、井上、種村-川戸、佐藤海

 (宇)小川-牛江

▽三塁打 杉本、種村、篠原(四)

▽二塁打 前田(四)石野(宇)

 ▽同

津西  001000=1

松阪商 020801=11

 (六回コールド)

 (津)光太、岡田、中森-西山

 (松)前川、山本-竹下

▽三塁打 大野、下田(松)

▽二塁打 京谷(津)藤崎、藤原(松)

球に勢いなかった

 ○…150キロの速球を誇る菰野のエース、田中法彦(2年)が「球に勢いがなかった」とうつむいた。三重の強力打線を相手に一人で投げ抜き、被安打8の3失点はまずまずの出来だが、1番打者の梶田蓮(2年)に3安打を浴びるなどした内容を「相手はしっかり対策をしていた」と悔い、「制球力を上げていく」と誓っていた。


 ■熱球譜

先制ソロ実らず苦杯 伊藤尚外野手=白山(2年)

 「来た球を打つ」とバットを握る手に力を込め、振り切ったのはインコースのスライダーだった。打った瞬間「入った」と確信した打球は右翼フェンスを越えた。二回、先制ソロを放ち、満面の笑みで本塁を踏んだ。

 地区予選は右膝の故障で欠場した。「自分が試合に出れば、必ず打ってみせる」とできる範囲で自主練習を重ねてきた。その成果が実った瞬間だった。四回には山本朔矢(2年)の適時二塁打で本塁を踏み、強豪・いなべ総合相手に3点差とリードを広げた。

 親戚に野球経験者が多くいたため興味を持ち、小学3年で野球を始めた。「どんな球でも打てるようになりたい」とバッティングの練習に力を入れた。「持ち味は長打」と言えるほど成長した。

 だが「相手投手が代わってから打てなくなった」。エース、石川拓哉(2年)が五回から登板すると勢いのある球でねじ伏せられ、流れは変わり、サヨナラ負けを喫した。

 「序盤の勢いは伊藤が作ってくれた」と東拓司監督はたたえたが、悔しさが募る。「流れを引き寄せきれなかった。この失敗を生かす練習をし、春の県大会ではいなべ総合に勝つ」と闘志を燃やした。【森田采花】

〔三重版〕

【秋季大会2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい