メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

堺市長選 きょう投開票 投票率アップ、若年層に的 人気タレント、動画やポスター 市選管が取り組み /大阪

 新人と現職の一騎打ちとなった24日投開票の堺市長選で、市選管が投票率向上に向けた取り組みをしている。人気タレントが登場するポスターを作ったり、インターネットで動画を流したり、関心の低い若年層を中心に投票率の底上げを狙う。【山口知】

 市選管は、若者に人気のお笑いコンビ「ANZEN漫才」と、市出身でタレントの山田花子さんの3人を啓発キャラクターとして起用した。ANZEN漫才のみやぞんさんが堺出身の千利休にちなんで茶人に扮(ふん)したPRポスターを作り、電車内などに約8200枚を掲示したほか、チラシ約35万枚を全世帯に配布した。

 ANZEN漫才には「かならず選挙に行く」という持ち歌があり、市選管は3人が投票を呼びかける堺市長選…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文741文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  4. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  5. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです