メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地球温暖化

CO2「2兆トン以下」 今後の排出総量、対策強化促す 英研究チーム

 地球温暖化対策で、「産業革命前からの気温上昇を1・5度未満に抑える努力をする」と盛り込まれたパリ協定の目標を達成するため、今後の世界の二酸化炭素(CO2)排出総量を最大でも1兆9800億トン以下にすることが必要との推計を、英国の研究者らが発表した。

 現状の削減対策の下では毎年約330億トンが排出されており、最小推計の9166億トンなら早ければ30年後には超える計算になる。研究チームは「各国の削減対策強化が欠かせない」と指摘している。

 この論文は英科学誌ネイチャー・ジオサイエンスに掲載された。

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文706文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 論点 日大アメフット部問題
  2. サッカー 「半端ない」活躍を期待 日本代表・大迫選手 仰天プレーに絶叫、Tシャツ販売好調 /東京
  3. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  4. 特集ワイド 言葉は政治家の命なのに… 日本を覆う、むなしき「安倍語」
  5. 自殺偽装容疑 44歳姉を逮捕 弟に多額の保険金 堺

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]