メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地球温暖化

CO2「2兆トン以下」 今後の排出総量、対策強化促す 英研究チーム

 地球温暖化対策で、「産業革命前からの気温上昇を1・5度未満に抑える努力をする」と盛り込まれたパリ協定の目標を達成するため、今後の世界の二酸化炭素(CO2)排出総量を最大でも1兆9800億トン以下にすることが必要との推計を、英国の研究者らが発表した。

 現状の削減対策の下では毎年約330億トンが排出されており、最小推計の9166億トンなら早ければ30年後には超える計算になる。研究チームは「各国の削減対策強化が欠かせない」と指摘している。

 この論文は英科学誌ネイチャー・ジオサイエンスに掲載された。

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文706文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 感謝状 警察犬ヨルト号、行方不明の男性を救う 富山
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです