連載

ストーリー

記者が現場を歩き、見て、聞いて、感じながら、ニュースの深層、話題の人々の内面に迫る長編ルポ。

連載一覧

ストーリー

87歳「最後の大道芸人」(その2止) 魂の「念仏じょんがら」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
パフォーマンスを終え、声援に応える大道芸人のギリヤーク尼ケ崎さん。紙に包まれた「投げ銭」が路上に散らばる=札幌市中央区で2017年8月27日、竹内幹撮影
パフォーマンスを終え、声援に応える大道芸人のギリヤーク尼ケ崎さん。紙に包まれた「投げ銭」が路上に散らばる=札幌市中央区で2017年8月27日、竹内幹撮影

 

 ◆ギリヤークさん、病魔と闘い路上へ

車いすで「プロの舞」

 8月27日、大道芸人のギリヤーク尼ケ崎(本名・尼ケ崎勝見)さん(87)は札幌市中央区にいた。

 「怖いよ。(自分の)引き出しのどれを使って乗り切れるか。計算が成り立たないよ」。午後1時からの公演を前に、いつにもまして体調は芳しくないように見受けられた。

この記事は有料記事です。

残り4345文字(全文4501文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集