メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いのちの落語独演会

がん患者の「働きたい」落語に乗せて

 がんでも働きたい--。いのちの落語家として、悪性の肺がんを乗り越えた経験を笑いに乗せて世に届けている樋口強さん(65)が、働く世代の患者の思いについて語る新作を、東京都内で開いた独演会で披露した。「仕事によって社会と接点を持ち、自分が必要とされている、生きていると実感できる」と語り、無料招待した患者と家族約250人から拍手を浴びた。

 樋口さんは1996年に43歳でがんと診断され、1年間の闘病を経て仕事復帰。全身の感覚がなくなる後遺…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文642文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金曜ロードSHOW! 「ファインディング・ドリー」地上波初放送 ニモと暮らすドリーの冒険ファンタジー
  2. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  3. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
  4. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  5. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まで、 あと2勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]