メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いのちの落語独演会

がん患者の「働きたい」落語に乗せて

 がんでも働きたい--。いのちの落語家として、悪性の肺がんを乗り越えた経験を笑いに乗せて世に届けている樋口強さん(65)が、働く世代の患者の思いについて語る新作を、東京都内で開いた独演会で披露した。「仕事によって社会と接点を持ち、自分が必要とされている、生きていると実感できる」と語り、無料招待した患者と家族約250人から拍手を浴びた。

 樋口さんは1996年に43歳でがんと診断され、1年間の闘病を経て仕事復帰。全身の感覚がなくなる後遺…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文642文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  4. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に
  5. 特集ワイド ビゴの店、フィリップ・ビゴさん 本物伝え半世紀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです