メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いのちの落語独演会

がん患者の「働きたい」落語に乗せて

 がんでも働きたい--。いのちの落語家として、悪性の肺がんを乗り越えた経験を笑いに乗せて世に届けている樋口強さん(65)が、働く世代の患者の思いについて語る新作を、東京都内で開いた独演会で披露した。「仕事によって社会と接点を持ち、自分が必要とされている、生きていると実感できる」と語り、無料招待した患者と家族約250人から拍手を浴びた。

 樋口さんは1996年に43歳でがんと診断され、1年間の闘病を経て仕事復帰。全身の感覚がなくなる後遺…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文642文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです