メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『中学生棋士』=谷川浩司・著

 (角川新書・864円)

 史上最年少でプロ棋士になるや、いきなり29連勝の新記録を樹立した将棋の藤井聡太四段。中学生とは思えない落ち着いた物腰も注目され、将棋の枠を超えた社会現象を巻き起こした。希有(けう)な才能はどのようにして育ち、開花したのか。「十七世名人」資格者にして、先輩中学生棋士の著者が、自身の体験も交え、そんな興味や疑問に答えてくれる。

 著者はまず、愛知県瀬戸市の藤井四段の自宅を訪ねる。「いったい誰に似たんだろう」。首をかしげ合う家族だが、「子どもには好きなことをやらせ」「集中しているときは邪魔をしない」という母親の言葉に著者は共感を覚える。将棋教室は今、保護者同伴の子どもたちで盛況だが、過干渉はマイナスにしかならない。

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

  3. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです