メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『路地の子』=上原善広・著

 (新潮社・1512円)

 著者の父を主人公にしたノンフィクション。父は、大阪府内の被差別部落で育ち、食肉卸業を営む。魅力的な人物が多数登場し、被差別部落を描いたノンフィクションでは、いわゆる飛鳥会事件の主役を描いた『ピストルと荊冠(けいかん)』(角岡伸彦著)以来の注目作ではなかろうか。被差別部落に興味がなくとも、故郷や親との関係に悩んできた人、こだわりが強い人は、ぜひ読んでほしい。きっ…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文486文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  3. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  4. 食戟のソーマ 「ジャンプ」のグルメマンガが7年の連載に幕 その後描く特別編も
  5. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです