メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認知症

行動要因、数値で可視化 東京都医学総合研究所など、専門職向けにプログラム

「介護拒否」も、具体的な項目を出現頻度ごとにグラフ化する=東京都医学総合研究所提供

 東京都医学総合研究所とスウェーデンの研究チームが、認知症の症状に伴って表れる暴力や徘徊(はいかい)といった「行動・心理症状」を軽減するため、在宅介護の専門職向けにプログラムを開発した。症状を数値やグラフで可視化することで関係者が情報を共有し、適切なケアにつなげることが期待される。

 認知症の症状は、記憶障害や判断力の障害などの「中核症状」と、不安や抑うつ、興奮などの「行動・心理症状」に大別される。行動・心理症状は、適切なケアや薬で改善するが、薬の副作用で悪化することも多い。

 プログラムは、介護関係者が、対象者の行動・心理症状の頻度やその要因について、議論しながら数値化し、…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 駐日アフガン大使、涙声で「アフガンの偉大な友人で英雄です」 中村哲医師のお別れ会に5000人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです