陸上

全日本実業団対抗選手権 堤、日本新60メートル74 男子円盤投げ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子円盤投げ決勝、日本新記録で優勝した堤=ヤンマースタジアム長居で2017年9月23日、山崎一輝撮影
男子円盤投げ決勝、日本新記録で優勝した堤=ヤンマースタジアム長居で2017年9月23日、山崎一輝撮影

 陸上の全日本実業団対抗選手権(毎日新聞社共催)は第2日の23日、大阪・ヤンマースタジアム長居などで男女21種目の決勝が行われ、男子円盤投げで堤雄司(群馬綜合ガードシステム)が60メートル74の日本新記録で4連覇を果たした。従来の日本記録は堤が8月18日の関東選手権で出した60メートル54。五輪種目ではない男子1万メートル競歩は今夏の世界選手権20キロ代表の高橋英輝(富士通)が38分56秒90で3連覇。男子200メートルは諏訪達郎(NTN)が20秒68で初優勝し、世界選手権男子400メートルリレー銅メダルの藤光謙司(ゼンリン)は20秒79で3位だった。

この記事は有料記事です。

残り1205文字(全文1484文字)

あわせて読みたい

注目の特集