メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メキシコ地震

住宅崩壊、市を提訴も 南部で再びM6.1

1階がつぶれ、3階建てのように見える4階建てマンション。手前の敷地には掘削用とみられる機械がみえる=メキシコ市で2017年9月22日、山本太一撮影

 【メキシコ市・山本太一】メキシコ中部で19日に起きたマグニチュード(M)7.1の地震で崩壊したマンションの住民らがメキシコ市当局を提訴する動きが出始めた。AP通信によると死者は22日、295人に達した。23日には、7日に大地震に見舞われた南部オアハカ州でM6.1の地震も発生、橋や建物が崩壊したという。

 「20%は地震、80%は建設業者と市当局の責任だ」。地震で崩壊した市中部の4階建てマンションの住民…

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文819文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  2. 「絶滅」一転、イノシシ被害7300万円 山形、越冬できないはずが…

  3. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  4. グレタさん、自己紹介欄に「ガキ」 ブラジル大統領の「あんなガキ」発言で

  5. 京都市、建物高さ規制緩和 丹波口駅西側20メートル→31メートルに /京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです