メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スペイン

カタルーニャ州独立投票まで1週間

 【パリ賀有勇】スペイン北東部カタルーニャ自治州が10月1日の実施を掲げる独立を問う住民投票まで24日で1週間となる。スペイン警察当局は州政府の幹部らを拘束するなど、中央政府が「違憲」と見る投票の阻止に向けて実力行使するなか、州政府のプチデモン首相は「われわれには投票する権利がある」と一歩も引かない姿勢だ。

 住民投票を巡っては、スペイン中央政府が中止を求め、憲法裁判所も今月7日、違憲性を判断するまで、州議会が前日に成立させた住民投票関連法を無効とする決定を出した。

 だが、州政府は従わない構えで、住民投票で賛成多数となれば48時間以内に独立を宣言するとしている。

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文858文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「性暴力被害者の声をつぶすな」フラワーデモ主催者らオンラインで緊急集会 杉田議員発言に抗議

  2. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  3. プロ野球 DeNA5-2広島 広島・森下、新人王へ足踏み

  4. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  5. 新型コロナ 佐野の30代男性が感染 /栃木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです